サプリではない薬でシミ、そばかすを隠せるキミエホワイトについて

キミエホワイト,副作用,嘘,効果,口コミ,通販,最安値

 

BS放送のCMでたまに見かける「キミエホワイト」ですが、ネットに書かれている程、怪しいと思わないです。

 

何故なら「富山の薬はよく効く」と我が家の常備薬は富山の薬売りさんから届けてもらっていたからです。

 

まず、キミエホワイトがどのような薬なのか見ていきましょう。

 

薬都 富山の生まれのキミエホワイト

 

 

キミエホワイトは簡単にいうと薬でシミ、そばかすを解消していくというものです。

 

同じ部類では、「ハイチオールC?」が有名ですね。

 

ハイチオールC?は、薬局で売られています、エスエス製薬はブランド名が高いから、とりあえず買ってみようかになりますよね。

 

しかし、「キミエホワイト」は、CMがちょっと怪しいという印象がありました。

 

キミエホワイトを作ろうとしたきっかけを話す社長が・・・ということですが、意外と家族が悩んでいるから何とかしたい!と気持ちから開発された商品は多いんです。

 

話は脱線してしまいましたが、「キミエホワイト」は、薬でシミ、ソバカスを解消を期待出来るという商品ということです。

 

では、何故?クレームが悪いのでしょうか。


 

視点1 薬に頼り過ぎてない?

 

 

キミエホワイトの特徴はシミ、ソバカスに効くということですが、
シミ、ソバカスの原因を自分で何とかしないと、効果も出てこないかもしれないということ。

 

風邪薬と同じで、すぐ効果が出てほしい気持ちが強いんですね。

 

しかし、シミやソバカスを原因の1つであるお肌のターンオーバーの乱れを実生活で「やっている」のであれば、「薬では効かない」とクレームを言うのは本末転倒ではないでしょうか。


 

視点3 スキンケアをした上で

 

 

キミエホワイトの効果を良くするためには、年齢肌に合わせたスキンケアやビタミン、ポリフェノールなど「細胞の若返り」を促す成分も日頃とから摂っても、シミ、ソバカスが消えない。といった場合にキミエホワイトを購入して飲んだほうが、ネットで書き込まれている「効果」がないということは少ないのではないでしょうか。

 

自分なりの視点で考えてみましたが、「あ?そうなんだ」とみなさんに思えていただければ嬉しく思います。


 

更新履歴